渡された明細レシート保存する必要性はある。結論について冒頭で言うと保有する義務はない。個々で保持していることによって個人が決済した履歴を残しておきたいと思う場合は持っていればいいのだし、逆に明細は無くても問題ないと考える場合は残す理由はないと思われます。但し月々来る明細書との確認をする時には例外なくこういった利用レシートは必要です。明細レシートをそこまで少なくともキープしていないとなるとどこのショップでいつどのくらいの金額を使用したかということについて不明になるだけではなく、誤りであったりダブった請求に関する確認すらすることができなくなってしまうため危険です。特にクレジットカードを使用した額についてはレシートを保管していないと記憶しておくことはできないはずです。せめて使用履歴が来る1ヶ月・2ヶ月くらいの期間は、きちんと保存するようにするべきである。利用レシート破棄法》明細レシート廃棄の手段はすごく単純です。人に不正な利用をされないようバラバラに切って廃棄するだけで問題ないのである。簡易裁断機などが自宅にある場合には利用しても良いでしょう。クレカの使用内容を証明している利用レシートなのであるからカードナンバーなど、機密情報の内容について特定されるデータがふんだんに入っているのです。ゴミ同然の明細レシートとは考えず、処分は細心の注意を払って行なったほうがよいでしょう。近頃は安全対策のために番号等の情報が表示されていない場合も出てはいるが油断は禁物です。