あいにく現実では非常にたまにある場合を抜かしてギフトカードのお店の中でクレジットカードを利用する事が出来る店舗など存在しません。そういう根拠からJCB、MasterCard、NICOSなどの商品券を利用した間接クレジットの方法は大抵は現実的には実行することは不可能です。じゃあどういう方法を駆使すれば間接クレジットができるのでしょう?と言われればそのテクニックとはこの頃、幅広く支持されている電子マネーであるPASMO、またICOCA、nanacoなど。実は、こういうものを利用して直接商品を買うのでないクレジットカードの使用をやってみるという事が出来るのです。PASMO、Smart Plus、とかICOCA、nanacoなどはカードで買い取るという事が可能なのギフト券:Edy(エディ)、iD、であったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどに馴染みのない人にとっては、漠然と食わず嫌いなインプレッションを持たれるかもしれないですがこのような電子マネーというものはたとえるなら普通の商品券なのです。VISA、Diners clubなどの商品券と全く変わりはないものなのです。こういう電子マネーはクレジットを運用してたやすく取引する事ができることがメリットです。その上そういう電子マネーという物はこの頃、タクシーを初め、改札や多岐にわたる販売店等々といったところでも利用できる事になっているようだ。「当店の物品を買うにはカードはご利用になることができません」と注意されてあった販売店での購入でもPASMO、Webmoney、であったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどの場合なら活用できる実例が色々あるのです(キャッシングポイントが多くゲットできる)。よってクレジットカードが用いられない販売店で間接的にクレジットカードを駆使する手法で、クレジットポイントをもらえる分だけゲットしていただこうということです。通常通り買い出しをエンジョイするばかりではつかないクレジットポイントだから是非、活用法を参考にしていただきたい。