換金目的にて新幹線の切符などを大量決済すること:キャッシュ化サービスを使用しないで自身が換金を目的にしてクレジットカード決済をすることでも同じです。お金に変えるということを意図したクレジットショッピングというのはルール違反扱いとなるため。複数枚の列車の乗車チケットの他切手購入においてのクレジット利用をすると、現金化する目的ではないのか?などというようにマークされてしまうことなどもあり得るので、配慮することを要します。利用時点でキャッシング利用枠の方がいっぱいとなってしまっている人の場合には、新幹線の切符等を購入することだけでカード発行会社からチェックの電話が入るケースがあるから、お金がない時のカード使用はさせなくされてしまうのでしょう。問題がある際に試みることは皆似ているなのだろう。クレジット会社に対して芳しくない使用法をしてしまう>以前話題になった『永久期間』であったり、クレジット発行会社の立場からみてほんの少しも利益となることのないような取引を行った場合、クレカの会社から強制失効という扱いになる場合もあるようです。インターネットで話題になっていたカードポイントの不正な搾取など世間には流れていない秘密のやり方というものがある場合でもそのような行為というのは間違えなくクレジットカードの規約違反なのだからまず試さないようにして頂きたい。強制失効となった契約情報は他のカード会社へ知られる→クレジットを強制没収させられた場合でも違う会社のカードであれば問題ないんだからひとつくらいであれば大したことないんじゃない??という風に考えている方は今の情報社会にあってはその考えは信用を消失する危険もあるでしょう。その理由は、強制没収扱いとなるようなケースになると、クレジットカードの発行会社にて問い合わせ出来る個人信用情報機関へそれらの情報が記載されるから利用者の社会的信用というものがなくなってしまう場合もあるのです。所有する一つであるとしてもクレジットカードを強制退会させられてしまえば、他のクレジットカードでさえも契約できなくなる模様ですし最悪現在使っているクレカを強制退会させられてしまうこともなくはないでしょう。強制退会されずに継続利用できる際にも期限切れの時に使えなくなると思われる。兎にも角にもしつこく記載したように強制失効させられてしまう利用の仕方はまずなさることのないように正しくカードを利用して頂きたいと願っています。