カードを使用取りやめにするということそのものは意外に取っ付きやすいものですが契約解除するに際して見ておきたい点に関しても頭の隅に入れておくことをすればクレジットの使用取りやめも上手に終えることが可能になるに違いありません。留意すべき事柄をまとめましたから実際に解約申請をする際に、参照してみてほしい。クレジット発行の直後特別の事情無くすぐに使用取りやめはやってはいけない⇒クレカ登録した直後間髪入れずそのクレカを機能停止をしてしまうと、申請を受け付けるべきでない人間などというように信用情報取扱機関の評価において認識されてしまうありがたくない出来事があるのです(まずないでしょうが度々加入⇒機能停止という作業を繰り返したようなとき)。よくあるのは入会優待サービスを狙ったカード発行のとき商品券もしくは優待券などという入会時の優待権を手に入れたというような理由で直ちに登録解除が行いたくなる人情も納得できます。そうは言ってもカードサービス会社からの立場より推察すると相手のことを考えない顧客に関して絶対自分の会社の提供するクレカを保有されて欲しくないなどというように考えるのは当たり前のことです。万が一作成時のプレゼントだけを目当てにクレジットカードを申し込んでしまった時でも、すぐに登録解除手続きを実行せずまず6ヶ月、可能ならば1年が経過するまでは登録したカードについては使用可能な状態にして契約解除の電話はその後で行うことをお薦め致します。もしくは作成特典だけにとどまらずまずは作ってみたものの使うことがないな・・・などと考えてしまう様な場合においても、発行してから六ヶ月よりも多く財布の中のカードを所有し続けて欲しい。登録するサイドが何となく思っているよりもクレカという代物を確認作業等を含めて発行するときの費用や手間は発生するものだと理解して、ちょっとでも楽をさせてあげよう・・・などというように相手の事情を想像してもらえるのならばクレジット会社も助かるだろう