直接商品を買うのでないクレジットカード使用の方法は簡明です。カードを利用してそのまま支払えない販売品をストレートに支払うのではなく直接商品を買わずに買い上げすればよりよいでしょう。理屈が簡単というわけで、商品券の例を駆使して話してみたいと思っています。例になる人物が素晴らしいコートを購入したいとそれを見てじっとしています。欲しがっている素晴らしいバックを市販している所ではクレジットカード使用で取引することができないのです。ところがVISA、NICOSなどのギフトカードを用いるなら払う事を許容してくれるのです。だからモデルになる人物はクレジットカードを使用してギフト券を買い取りした後で商品券を売っている場所におもむきクレジットカードを用いてVISA、MasterCard、Diners clubなどの券を買い付けしたとします。続いて使ったクレジットカードを用いて買い取ったVISA、MasterCard、NICOSなどの金券をお店に持参して訪れ欲しかった有名な服を購入したとします。「一体どうして金券で購入した女性は面倒なやり方をしてるの?」と訝しむ可能性があるかもしれませんが実際このやり方を活用することで本当であったら貯まることのなかったクレジットポイントがもらえます。通常、お金を支払う事で素晴らしいカバンを注文したりしてもクレジットポイントはもらえませんし、JCB、Diners clubなどの商品券を直接お金で取り寄せした上で利用してもカードポイントは貯まりません。しかしながら解説した場合だとVISA、MasterCard、Diners clubなどの商品券をカードで注文したためブランドカバンを買い付けした状態と同じような数のクレジットカードポイントが獲得できるようになるのです。こういう状態が直接でないようにクレジットカードを使った事であるという根拠により、間接カードと言われている方法です。